日本国中テーマパークは数多くありますが、子供も大人も1日中楽しめるところはそうありません。

中には国内最大級という遊具が1つか2つあることだけが売り文句で、その他は普通だったというケースも度々あります。また並んでいる時間だけが長くて、遊具で楽しめたのはちょっとだけだったという感想も耳にします。それほど歴史がないテーマパークでそのような傾向があり、入園料金だけが立派だったという感想を持ってしまうことは残念なことです。その点、歴史のあるナガシマスパーランドはハズレがありません。ナガシマスパーランドは1966年の開園以来、西日本有数の数多くの絶叫マシンを有し、愛好家は何度も訪れる地です。

現在注目されるアトラクションは、2019年3月下旬から営業開始予定の、木と鉄鋼を組合わせたハイブリッドコースター白鯨(はくげい)でしょう。コース全貌を遠目から見ると白い鯨のような外観と、夜間はライトアップされますからその景観も楽しみの1つになることでしょうし、なによりコース全長と高さは世界トップクラスでの施設です。ギネス認定の有名なスチールドラゴン2000も忘れてはいけないもので、日本初登場のフライングコースターアクロバットも絶叫マシン愛好家などから高い人気があります。

総計50種類のアトラクションは、どれも満足度の高いものばかりです。夏にオープンする広大なジャンボプールも子供さんを中心に安定した人気があります。ナガシマスパーランドはアクセス性が良いことでも知られ、名古屋からは30分で着くことから、夏はプールを目的に多くの家族連れで賑わいます。しかしその期間でも平日は意外とすいており、人気のアトラクションでも待ち時間はそれほどでもないようです。事前に人が少ない時間帯を調べたにもかかわらず、並ばないといけない状況でしたら、ジャンボプール内で様子を見て、それから人気のアトラクションに並べばいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *