日本の主要都市の一つでもある名古屋市は、愛知県の県庁所在地であり、その中心は名古屋駅です。

当駅を拠点として全国各地に向けての高速バスがあることをご存知でしょうか。例えば、東京や大阪などの主要都市を初め、四国4県や宮城県や福島県などの東北地方に向かう便もあります。高速バスの魅力は料金が安い点、少しでも旅費を抑えたい人にとって魅力的な乗り物と言えましょう。

ちなみに、料金が安いと言っても利用する日により金額が異なるのも高速バスの特徴で、一般的には旅行者が多い時には金額が高くなる、少ない時には価格が下がる傾向を持ちます。名古屋から宮城県の仙台市に向かう便などの場合、バス会社によっても異なりますが4月度の最低料金は8、500円と言われています。名古屋から仙台まで行く時には飛行機や新幹線の乗り継ぎをイメージする人は多いかと思われますが、料金だけで比較をした場合は高速バスが断然安くなります。

飛行機の場合、中部国際空港でもあるセントレアからの便を使うことになるわけですが、市内から空港までは全車指定席の列車を利用すると約30分です。

但し、指定席を利用するためには別途費用が必要になりますし、中部国際空港から仙台空港までは約1時間15分、料金は12、000円前後です。トータル金額を考えると飛行機は割高になるものの、所要時間で考えた場合は飛行機が一番短い時間でアクセスができるメリットを持ちます。高速バスは時間は掛かるものの料金が安い設定になるので交通費を抑えたい移動には最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *