名古屋から東京に向かう時の選択肢には、新幹線・飛行機・高速バスの3通りの方法がありますが、料金が最も安いのは高速バス、移動時間が短く乗り換えがないのは新幹線です。

移動時間が少なく料金が安い乗り物がベストかと思われますが、選択肢の3つはそれぞれにデメリットとメリットがあるため、移動時間で選ぶのかそれとも料金で選ぶのかで移動手段は決まって来ます。飛行機の場合は、名古屋の中部国際空港までのアクセスと羽田空港から東京駅へのアクセスが加算されるため、時間だけでなく料金もプラスされることになります。

新幹線を利用した場合は、名古屋と東京間は約1時間30分、料金は指定席を使うと11、090円です。一方、高速バスを利用した場合は、5時間30分から8時間、料金は約1、800円から約4、200円程度など、所要時間や料金には幅があるのが特徴です。バスの場合は昼行便と夜行便の2種類があり、便により所要時間は変わりますし、乗車日によって運賃が変わるなどからも、こうした幅が生じることになるわけです。

また、バスの場合は道路事情により渋滞している時などは時間が多く掛かることもあるため、比較的時間に余裕がある時でなければ使えないなどのイメージを持つ人も多いと言えます。しかしながら、利用するバス車両の種類に応じて快適な移動ができるタイプも用意が行われているので、時間的な余裕がある人は料金が格安な高速バスがお勧めですし、最近は女性一人利用でも安心な専用車両を設けている高速バスも登場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *