格安高速バスはいずれも指定席になっているため、乗車をしても確実に座席に座ることができます。

それなのに移動手段として、これほど格安な乗り物はありません。同じように新幹線などの電車にも指定席はありますが、バスよりも乗車料金は間違いなく高いです。あらかじめ用意をされた路線を走るのが、ほぼ時間通りに到着をする特急や新幹線ですが、これが高くなっている理由でもあります。旅客鉄道会社による長距離路線は、車輌の費用が驚くほど高いです。1編成を例にとっても10両編成あった場合、費用は15億になるほどであり、さらに新幹線だともっと高くなります。

比較をすると高速バスは1台で大体数千万円で、乗客をある程度のせることができるため格安料金です。道路の上を走行するのがバスですから、鉄道よりもランニングコストはかかりません。かなりの費用がかかるのは鉄道の方であり、路線の日々の保守点検に莫大なお金が必要です。特急や新幹線が頻繁に走るような路線は、安全面への対策が必須であり、メンテナンスも毎晩行わなければなりません。

こうした保守点検費用なども含めると、鉄道の乗車が高くなっても仕方がないことです。もちろん高速バスも、お客さんを安全に目的地にまで運ぶため、車輌の点検などは行っています。しかし鉄道ほどの費用は掛かりませんので、格安の料金で乗車をすることができますし、だからといってメンテナンスに手を抜くようなこともありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *