冬場のシーズンになると全国各地にある旅行代理店ではスキーヤー向けのパッケージツアーの販売をはじめますが、このようなツアーにもいくつかの種類があります。

大きく分けるとすれば宿泊ありのツアーと日帰りのツアーということになりますが、一般的にいってゲレンデがある場所は市街地から離れた山の奥地であるため、現地に宿泊をしなければ目的を果たせないということもあって、宿泊つきのツアーのほうがむしろ普通といえ、日帰りは出発地からみて特にゲレンデまでの距離が近いか、または高速道路などが整備されていて移動時間が短くてすむ場合のみといえるでしょう。

現地の宿泊場所もパッケージツアーによってまちまちです。たとえばリゾートホテルのような超豪華な場所が用意されており、ディナーや温泉などもあわせて楽しめる場合があり、料金はそれなりにかかるものの、日常生活を離れられるまたとない機会とあって、人気があることはたしかです。そのほかにもスキーのほかに温泉地としても有名なため、温泉旅館が拠点となる場合も少なくはありません。

また大規模なホテルや温泉旅館ではなく、小規模でアットホームな雰囲気のコテージが現地にもうけられている場合には、コテージが予約できるプランをもっているパッケージツアーもあります。いずれにしてもスキーヤー向けのパッケージツアーの場合には、いくつかの候補のなかから本人が宿泊場所を選べるようになっているケースもありますので、気分に応じて選ぶのがよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *